肩こり系コンテンツ

めまいの原因と改善するために

今回はめまいの原因と改善する為に必要なことについて記事を書こうと思います。

めまいは様々な種類がありますが、血流の流れが滞ることからも起こります。

しかし、原因として多いのは骨格の歪みからくるめまいが多いので、めまいに悩まされている人は原因を解いていきましょう。

めまいの種類をまとめてみると

めまいの種類は大きく3種類あります。

① 回転性めまい・・・天井や周囲がグルグル回る、自分がグルグル回る、耳鳴りがする。
② 浮動性めまい・・・姿勢を保てない、真っすぐ歩けない、身体がふわふわする。

③ 立ちくらみのようなめまい・・・立ち上がって5分内に気が遠くなる

これらの原因は脳出血や脳梗塞など脳の疾患によるものと血圧の関係で起こると言われています。

主に生活習慣からくるめまいで、糖尿病や喫煙、高血圧、高コレステロール、高脂血症など様々な危険因子で起こるめまいとなります。

他にも耳の神経の伝達の悪さが原因で起こるめまいもあり、主に障害となる神経は延髄に走る内耳神経となります

やはり骨格のズレが原因か・・・

普段の生活でまくらの高さを考えたことはありますか?

仰向けでまくらに寝ると、顎を引いた姿勢に自ずとなりまくらが高さ過ぎると首の骨のズレが起こりやすくなり、頚椎のズレに繋がるので神経の伝達が悪くなります。

他にもスマートフォンやテレビ画面を見る姿勢は、顔が前にでてしまう状態になるので、頚椎が後ろへ出っ張る形になるので、これもやはり頚椎のズレが原因で起こります。

こういった姿勢の悪さからくる頚椎のズレが実は慢性的なめまいに通じているのです。

どこの頚椎がズレることで神経に障害が起きるのか?

ここで述べるのは内耳神経からくるものを説明していきます。

まず内耳神経の高さは頚椎のどこと同じになるかを考えていきましょう。

内耳神経は頭蓋骨の付け根にある第一頚椎となり、別名アトラスと言われる頚椎と同じ高さになります。

アトラスとはギリシャ神話ででてくる神様で地球を支えています。

頭蓋骨を支えている大事な支えとなるわけですね。

内耳神経は2つの神経からなる神経です

内耳神経は蝸牛神経と前庭神経となります。

蝸牛神経とは、主に聴覚を司る神経です。

前庭神経とは、主に平衡感覚を司る神経です。

これらの神経伝達が悪くなると、難聴や耳鳴り、めまいなどが出てくるので内耳神経に何かしらの異常が見られるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

首の骨、すなわち頚椎がズレることで、めまいが起きてしまいます。

頚椎のズレは、日常のちょっとした気遣いで改善できますし、常に悩まされているなら日常生活での原因を追究すると改善点がわかるかもしれませんね。

特にズレやすいのは、まくらの高さ、スマホ画面など覗き込むなどで生じる首のズレです。

無意識で悪い姿勢をとっていることが多くなっているでしょう。

みなさんもちょっとした気遣いで頚椎のズレを解消してもいいかもしれませんね。

-肩こり系コンテンツ
-, ,

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO