私自身のこと

背骨コンディショニングパーソナルトレーナー講座2日目!


背骨コンディショニングインストラクターの三村です。


今回はパーソナルトレーナー講座2日目で感じたことを記載していこうと思います。



背骨コンディショニング協会では様々な講座を受けられる環境を用意しているようです。


私はそのような環境下で講座を受けれていることに感銘を受けます。



やはり、体の歪みの改善だけではなく、体の内部へのアプローチも考えて講座を開始しているようです。


食トレコンディショニング


先に立ち上げの段階の方達から学ぶことに感謝としか言えません。


そのような感じたことをツラツラと書いていこうと思います。


しばしこの記事にお付き合いして頂けると嬉しいです!



このコンテンツの対象者はこんな方です!
・背骨コンディショニングについて興味がある方

・背骨コンディショニングの講座に興味がある方

・背骨コンディショニングの理念のあり方について興味がある方



パーソナルトレーナー講座2日目



パーソナル講座2日目となりました!


私も講座をやり切れるか不安ではありますが、なんとか踏ん張っています。汗


期待と不安を交えた2日目。


テーマは「  」と「 股関節 」。


普段の日常生活で重要な体の部位の一つです。


特に高齢者に多いのが、「  」と「 股関節 」に関する疾患かなぁと思います。


変形性膝関節症、股関節の人工関節。


背骨コンディショニングではこれらの原因というのは「 仙骨 」という骨のゆがみからきているものと考えられています。



やはり、歩くうえでは大切な部分ですよね〜。


普段の生活で足を組む、猫背の姿勢、片方の手でバッグを持つなどの状態が続くと体の歪みというのは生じます。


結果、それらの積み重ねでぎっくり腰というものや慢性的な腰痛にも繋がります。



私も実は先日ぎっくり腰をやり、つくづく痛感しました。汗



腰痛や膝、股関節などの不具合というのは
体操筋トレで改善させることができます。


ホントにこれに尽きます!


しかしながら背骨コンディショニングでは外面的なアプローチとして、体操と筋トレを提供していますが、内面的なアプローチとして改善していくこと。


これが次なる課題ということで、新たにプログラムが追加されました。


それが食トレコンディショニングという講座です。


理念に基づいて



背骨コンディショニングでは外面的なアプローチとして、体操と筋トレ、セルフ矯正という3つのプログラムで構成され、多くの方へ提供しています。



体操、筋トレ、矯正の3つのプログラムが見事に融合されて、提供されているがゆえ、改善率が高いと言えるのでしょうね。



処方箋という言葉は聞いたことがありますか?


そう、病院受診の後に薬局でお薬をもらう時に表現される言葉です。



ここ10年くらい運動処方という言葉を使われ、運動で体をよくしていくという考え方が一般的になりました。



背骨コンディショニングの創始者の日野先生はこう言います。




「 あらゆる無駄な動きを除いて、今の運動プログラムを作っている」




この無駄を省いてるから効果的な運動を提供できているのでしょう。



こういった発想や考えはどのように創られているのでしょうか?



協会でも大切にされているのが理念です。



こちらをご紹介しますね!




・からだ革命


「背骨コンディショング」を世界に拡め、不治・難病・治りづらかった症状で苦しむ人々に心身の真のいやしと平安が訪れるようにします。 私たちは「特化したプログラム」を携え、自分を愛するように隣の人、特に先ず弱きを覚えている人の気持ちになる、 真の愛を持つ指導者を多く輩出する事により社会に貢献し、からだ革命を推進します。

特化したプログラム


事実に基づき導かれた新たな理論による他に類をみないプログラム
経験と実践に裏打ちされた、知識と技術に富む指導力


 ・「背骨コンディショニング」新たな(医療)理論


 仙腸関節可動理論
神経牽引理論



この「 からだ革命 」という部分。



この部分がマインドとしてそれぞれの活動されている協会員に宿されているのが今日の背骨コンディショニングが全国で広がっているということになるのでしょう。



ここから生み出されたのが、「 食トレコンディショニング 」という新しい講座です。



あなたは国内の3大疾病はご存知ですか?



悪性新生物(ガン)心疾患脳血管系疾患の3つです。



これらは食事を整えることで改善させることができると言われています。


現状の問題点と理念に基づいた発想で新しくできた講座です。



私もこの「 食トレコンディショニング 」の講座を早く受けたいのですが、スケジュールが合わなくて・・・。汗



まぁ、こういった理念に基づいた発想行動で、協会で目標とされているのが、「医療費1兆円削減」です。



私もこの目標を達成できるように活動を頑張っていきたいと思います!



共感して頂ける方はぜひLINE@の登録をお願いします。笑



改めて過去の自分の金稼ぎだけのマインドでは到底創造できない運動プログラムや講座がどんどん協会で出来上がっています。



改めてマインドというのが大切であることを学びました!

私の今後の目標




私は今後背骨コンディショニング協会認定のパーソナルトレーナーとして、多くの方へ運動処方を提供したいと考えています。



高齢者の方々と接する機会が多い今、多くの体の不調に悩まれている方がいます。



そこで感じるのが、過去の日常生活の過ごし方で運動をしてきた方はやはり、体が良い状態です。



私自身の話になりますが、過去交通事故で瀕死の重傷をおい、1ヶ月間入院したことがあります。



その時は顎を骨折し、歯が無くなりましたが体はなんともありませんでした。



当時、学生で空手をやって、しっかりと体作りをしていました。



ある程度体作りをしていて、当時はベンチプレス85Kgスクワット140Kgを持ち上げる体でした。




この体だから車とぶつかった衝撃と地面にぶつかる時の衝撃に耐えられたのでしょうか。



まぁ、ある程度運動していて良かったなぁとつくづく思いました。



しかしながら、流石に車とぶつかっているので治療はすごく大変でしたね。



当時は先生に20分くらい見てもらうのに病院で診察待ちで4時間。



病院へ通うのも1日がかりです。汗



私は治療よりも待ち時間が苦痛でしょうがなかったです。



そういった病院受診の経験や治療の経験もあるので、人の痛みや苦しみは少しだけ分かるつもりです。



だからこそ、運動で改善できる病気を運動処方でしっかりと皆様へ提供していきたいと思っています!



その前段階として、年内秋頃に背骨コンディショニングのプログラムレッスンを開催したいと思います。


ちなみに私は公に公表するつもりは今のところ考えていません。



と、言うのはある程度しっかりとプログラムに取り組まれる方向けに行いたいと考えていますので、LINE@にて募集を考えています



興味がある方はぜひLINE@の登録をお願いします!



LINE@の登録お願いします!


まとめ



背骨コンディショニングでは体の不調を改善するプログラムとして、内面的なアプローチも行なっています。



全ては協会理念から



こういったプログラムの提供は理念に基づいていることに私は非常に感銘を受けました。



また、日々の学びには多くの方から教えて頂いてるからと痛感しております。



今、背骨コンディショニングで関わって頂いている方に感謝を述べたいと共にこれからの活動の原動力として頑張りたいと思います!



過去多くのセミナーへいきましたが、これほどまでに理念が各協会員に宿されているのは珍しいと思います。



私自身も理念を宿した活動ができるようにしていきたいと思います!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-私自身のこと

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO