栄養系コンテンツ 健康作りのためのヒント

「花粉症をやわらげる方法」を知らないあなたへ

健康コンサルタントの三村です。

花粉症の時期になりましたね?

多くの方が鼻がグジュグジュになって、鼻をチーンとかんでいる姿を見かけるようになりました。

ここでお伝えしたいのは花粉症になってしまうメカニズムと対処方法です。

ポイントは「腸内環境」です。

私たちの体は防衛反応として、花粉をが入った時に外へ追い出そうと反応するため鼻水と一緒に出すように鼻がグジュグジュになってしまうわけです。

花粉症とは私たちの免疫システムによる体の反応だった・・・。

花粉症のメカニズムをご存知でしょうか?

自己免疫疾患の一部であり、私たちの体に備わっている機能です。

花粉症以外にもアトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎も同じようなメカニズムで体の反応と言われています。

いわゆる体の異常反応ですね。

私は今高齢者の方と接する機会が多いですが、みんなこぞって言っているのは、

「昔は花粉症とかなかったよぉ〜」

「杉の木を片手で持って振り回して、花粉飛ばして遊んでたからね」

とのことです・・・。

話を聞くだけで、鼻がムズムズしてくる話ですが、それぐらい花粉に対して何も影響がなかったということです。

これぐらい余裕があったのに、なぜ今花粉症になる方が異常に多いのでしょうか?

私の友人なども鼻がグジュグジュになってますし、高齢者の方も鼻がグジュグジュです。笑

そして鼻をかみすぎて頭がボーっとする。

これでは仕事も家事も集中して出来ないですよね?汗

室内では空気清浄機を置くために、新たに空気清浄機を置いている人も出ているようですね。

色々な対策をしても中々解消できずじまいというのが多いのではないでしょうか?

まずは自分自身の体のことについて正しく知り、根本解決するように心掛けていきましょう。

体に備わっている免疫システムとはどのようなものか?

まず、初めに花粉症のメカニズムから知る必要があります。

花粉が私たちの体内に侵入した時にどのような反応になるか。

例えば花粉が鼻から侵入した時には花粉は異物としてとらえられます。

そうすると、体内のリンパ球が反応し、抗体を出します。

この時の抗体が「igE抗体」と言い、肥満細胞という細胞とくっ付きます。

肥満細胞と抗体の許容量と超えてしまうと、異物である花粉を外へ追い出そうと反応するわけです。

肥満細胞はどのような反応をするかと言うと、「ヒスタミン」と言う物質を放出して、くしゃみや鼻水、目やに、涙などの反応が起こります。

ヒスタミンは化学物質と言われており、私たちの体内ではヒスタミンが鼻の神経や目の神経の受容体(ヒスタミンを受け取る部分)にくっ付き、くしゃみ、鼻水、目やに、目のかゆみと言う症状を引き起こします。

「花粉症ナビ・花粉症のメカニズム」参照

参考URL:https://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/mechanism.html

花粉症をやわらげるなら腸内環境がカギ?

花粉症に効く特効薬と言うのは抗ヒスタミン剤を使用すると言うのが一般的ですが、それはあくまでも対処療法。

根本的な治療・解決には繋がっていません。

重要なのは体質改善ということです。

体質改善するためのポイントは、腸内環境にあります。

腸は6m〜7mくらいの長さがあり、その表面積はテニスコート1面分の面積と同じくらいと言われています。

その大きな表面積で栄養をしっかりと吸収して、少しでも飢餓状態を抜ける方法を身につけているわけです。

さて、栄養を吸収するためにも重要なのが腸内細菌と言われています。

腸内細菌の種類は1000種類あると言われ、600〜1000兆個もの腸内細菌があり重さは約1kgと言われています。

この腸内細菌がせっせと働き、小腸の消化液で吸収できなかった食物を吸収してくれる役割を持っています。

この時の腸内環境が悪い状態ですと、腸内が異常発酵し、逆に有毒な物質を生み出して体内へ吸収されてしまいます。

この有毒な成分が身体中を巡るわけですから、また異物として体は反応し、花粉症がより発症しやすくなります。

腸内環境を整えることがアレルギー体質を改善するうえでの重要なポイントになるわけです。

参考として免疫をあげる別の方法として書いた記事がありますので、より知識が深まると思いますので良かったらご覧ください。 ⇨ 「運動で免疫力をあげらるワケ

花粉症をやわらげるために行うべきこと

花粉症をやわらげるために必要なことは腸内環境を良くするということがお分り頂けたでしょうか?

腸内環境を良くするのには食事をしっかりと正していく必要があります。

手軽で簡単にできる食品をご紹介していきますね。

① 発酵食品を摂る

腸内環境と言えば王道かもしれませんね。

ズバリ、発酵食品を摂ることです。

特に納豆、ヨーグルト、漬物、味噌などはかなり簡単に摂ることができます。

味噌は日本人にとって馴染みがあり、味噌を使った食品は塩っ気もあって食が進みやすくなるでしょう。

味噌に関する記事も書きましたので、合わせてお読みください。

⇨ 「お味噌が体に良い理由って??

② 食物繊維を摂る

食物繊維と言えば、やはり野菜類をしっかりと摂ることですね。

特に青物野菜は食物繊維が豊富です。

特に先にあげた発酵食品と一緒に摂る方法で、「漬物」、「味噌汁」、「納豆にネギ」と食べ合わせの相乗効果が期待できますね。

味噌汁の中に水溶性の食物繊維で有名な海藻類も摂るとなお良いでしょう。

③ 脂質に気をつける

「トランス脂肪酸」という食品はご存知でしょうか?

これは質の悪い脂質であり、マーガリンの主成分となっています。

マーガリンは植物性脂肪で健康的かと思いきや、他の危険因子として血中のLDLコレステロール値をあげりやすくなります。

脂質というのは体内へ入ると腸内滞留時間が長くおおよそ10時間かかるとも言われています。

その時に質の悪い脂質であれば異常発酵の原因にも繋がりますので、腸内環境を悪くする要因の一つになるでしょう。

④ 肉・加工肉を食べ過ぎない

肉は体に摂って毒素を溜める要因の一つになります。

肉は元々動物の新陳代謝の途中である物質であり、肉を摂ることで私たちの体内で新陳代謝をしていかなければならいとも言われているそうですね。

肉を摂ることで、体内ではアンモニアが発生しやすくなり、体にとっての有害物質に変わり、体が反応しやすくなります。

加工肉も同様にWHO(世界保健機関)ではガンが発生するとも言われています。

そのような毒素がある食品を食べるのはよろしくありませんね。

⑤ 糖質を取り過ぎない

糖質は体にとって重要なエネルギーとなりますが、実は糖質の取り過ぎは体を炎症状態になりやすくします。

糖尿病は有名ですがその合併症として、神経障害も起こしやすくなると言われ、糖質は体を老けさせる要因とも言われます。

特に糖質であるパンを食べ過ぎると腸に穴が空く「リーキーガット症候群」の要因とも言われ、食物が体内へしっかりと分解されないまま巡ってしまいます。

糖質の取り過ぎには十分注意しましょう。

まとめ

花粉症をやわらげるヒントはあったでしょうか?

実は日々の積み重ねで花粉症は予防できるということです。

花粉症のメカニズムを知っておくことで万全な対策を打ち出すことは可能ではないでしょうか?

日々の食事から花粉症をやわらげるのであれば、これはやらない手はないはずですよ。

さぁ、今日から始めていきましょう。

記事に関して何か質問等あればお気軽にお問い合わせください。

-栄養系コンテンツ, 健康作りのためのヒント
-, , ,

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO