腰痛系コンテンツ

【背骨コンディショニング協会認定】背骨コンディショニングトレーナーが教える、仙骨枕の使い方

こんにちわ!背骨コンディショニングトレーナーの三村です!

今日は仙骨枕の使い方について解説していきたいと思います。

 

以下の通り、ツイッターでバズっている「仙骨枕」はみなさんお持ちでしょうか?

 

 

これだけ多くの方が購入し、愛用してくれているようですね。

でも実際、使いこなせていない方が多いのではないでしょうか?

 

「 仙骨枕を買ったはいいものの、使い方が良くわからないなぁ・・・」

「 仙骨枕はどんな使い方があるのか、理解していないんだよなぁ・・・」

 

と言う方に動画とブログで解説していきたいと思います。

 

仙骨枕って、とても便利で自分のからだの調子を整えるツールです。

手のひらサイズで持ち運びは非常にカンタン。

 

カバンにすっぽり入るサイズ感です。

 

値段も1コ、2000円 (協会公式の値段)!

 

 

そんなコスパの良いツールを使いこなさせていないのは宝の持ち腐れです・・・。

 

あなたに仙骨枕の使い方をレクチャーしていきます!

 

今回は腰痛にお悩みで、仙骨枕がある方は読み進めてください!

仙骨枕がない人もフェイスタオルで代用ができますので、合わせて読みすすめてくださいね!

 

このコンテンツの対象者はこんな方です!
・仙骨枕の使い方を知らない方

・仙骨枕のうまく使いこなしたい

・背骨コンディショニングに興味がある方

 

仙骨枕はこうやって使って!

 

 

仙骨枕は動画を見てこうやって使ってくださいね!

 

 

 

 

仙骨枕は仙骨に当てる面丸い面があります。

この2つの面をフル活用して使います。

 

仙骨枕が無い方についてはタオルをクルクル巻いて使うこともできますよ!

 

 

仙骨枕にはおうぎ型のくぼみが2つあります。

 

このくぼみは動画の解説通り、首の骨(頚椎)に当てて使います。

 

頚椎は自律神経の交感神経の通る部位でもあるので、矯正するとスッキリとしていきますよ。

 

僕の体感は目の疲れがスーッと引いていく感覚があって、視界が広がりました!

このときの体感はこちらで述べています!

 

⇨ 「 背骨コンディショニングの矯正を受けました!」

 

仙骨枕の使い方を間違えるともったいない? 

 

 

仙骨枕はとても便利なツールですよ!

タオルを丸めて行う仙骨の矯正はしっかりとタオルを硬くしぼる必要があります。

 

タオルを使っているうちに段々とズレてきて、しっかりと矯正できていない状態になってきます。

 

「 あまり効果を感じないなぁ・・・」

 

と思い、続かないですよね。

 

仙骨枕を使い始めたころ、腰の反りを意識した動かし方ではないので、矯正された感がありませんでした。

 

知らずしらずやり続けたものの、効果は出ず、スッキリ感は全く無かったです・・・。

 

実際に動かし方を変えるとすごく矯正された感が出始めました!

 

なので、皆さん、使い方は正しく使って、体を矯正していきましょう!

 

仙骨枕は体の骨格に合わせた使い方が大切

 

仙骨枕は体に合わせた使い方で使うからこそ、矯正しやすくなります。

 

体の骨格に合わせてあげることで体の形にフィットしていき、矯正されていきますよ。

 

体の歪みとして多いのは、背骨が後方へ歪んでしまうパターンです。

後方へ歪んだものを前へ押しこんであげる必要があるので、仙骨枕をフィットさせて使っていきましょう。

 

こんな感じでセルフ矯正を行なっていきましょう!

 

 

① 腰椎の図を見てみましょう!

 

 

 

腰椎は前弯といって、前に出て、すぐに後ろへ沿っている形になっていますよね?

 

ここの部分に仙骨枕の丸い面を当ててあげることで、腰の反りが出やすく、矯正されている感じが出てきます。

 

当てるのは腰椎の4番と5番です。

そこを狙って、仙骨枕を置いていきましょう!

 

 

 

② 続いて、仙骨の図を見てみましょう!

 

 

 

ご覧のとおり、仙骨は逆三角形の形になっているので、仙骨枕に合わせるときは細い方を下向きにして合わせていきます。

 

この仙骨を後ろへでっぱっているのを前へ押し込む必要があります。

そして他の骨盤の骨に当たらないように、グイグイと押し込んであげます。

 

まとめ

 

腰が痛いとき、仙骨枕はこうやって使いましょう!

 

 

の形に沿って使う場合はしっかりと仙骨にフィットさせる感じで当てること。

 

仙骨枕は仙骨の面と丸い面の2面をしっかりと使うことが大切です!

 

丸い面は腰椎(腰の骨)に当てて、反りをしっかりと作ってあげることが大切になります。

そのうえで、腰が後ろへズレているのを矯正してあげることがポイントです!

 

使い方になれてくると骨が動いている感覚や矯正されている感覚がわかってきて、気持ち良くなってきますよ!

 

ちなみに体をしっかりとゆるめてから行う方がオススメです。

 

と言うのも、関節がかたまっていると骨が矯正されにくいので、ゆるめてから行なっていきましょう!

 

実際に使ってみて、自信が無いなどあったら気軽にLINE@からご連絡ください!

 

若しくは、来月開催のグループレッスンへぜひ足を運びくださいませ。

 

 

事前申し込みであれば、参加料は500円割引になりますので、今がお得にチャンスですので気軽にお問い合わせください!

 

 

このWebサイトは「 VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス 」を引用して、解剖学図として組み込んでいます。VISIBLE BODY

-腰痛系コンテンツ
-, , ,

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO