腰痛系コンテンツ

背骨コンディショニングの矯正を受けました!


背骨コンディショニグインストラクターの三村です!


今回は背骨矯正を受けたことについて記事を書いていきます。



生まれて初めて背骨コンディショニングの矯正を受けました。


なんというか、もの凄くスッキリと爽快でした!笑


背骨コンディショニングの矯正は受けたことが無い人にもぜひともオススメします。

それは私が背骨コンディショニング協会に所属している人間だからではなく、普通にオススメする矯正だからです。


矯正というとゴキゴキっと音を鳴らして、行う矯正を想像するかと思われているかもしれませんが、そんなことありません。


じっくりとソフトに行う矯正で、音なんて全くしませんでした。


体の不調がある方は矯正を受けてみる価値はあると思います。


そんな方へこの記事をお届けします。


このコンテンツの対象者はこんな方です!
・肩こりや腰痛など、体の不調が多い方

・背骨コンディショニングの矯正を受けてみたい方

・体の歪みを感じている方



私が背骨コンディショニングと出会ったきっかけ



私が背骨コンディショニングと出会ったのは、ブックオフにある数ある本の中から見つけたある1冊の本からでした。


その時考えていたことは高齢者の体を運動で良くするということを考えていました。


その時に目を引かれたのはその本のタイトル。



「 20万人の腰痛を治した! 背骨コンディショニング」


正直、「ホントかよ!」って思いました。笑


まず、20万人っていったらどうやってその人たちと会えるのかって問題です。


私は、結構現実主義ですので、そこに疑問に感じていました。


おそらく20万人というのは、グループ体操などの人数を含めてだろうと思いました。笑


早速読み進めてみると、今までとは違う2つの理論で説明されています。


① 仙腸関節稼働理論

② 神経牽引理論


これは読み進めてみると中々おもしろい!


当時の自分にとっては衝撃で、今までの常識じゃない観点で興味深い内容でした!


早速ネットで検索して見たところ、「 腰痛解決講座 」というものがありました。


早速、腰痛解決講座に申し込んで講座を受講したのを今でも鮮明に覚えています。


あれは2年前の秋頃、衝撃の出会いでした。

矯正前のカウンセリングで体の歪みに気づく



背骨コンディショニング では、検査→評価→カウンセリング→処方→実施という流れを非常に大切にしています。


矯正前に非常に大切にしているのは体の歪みの状態を確認することです。


なんでもそうですが、実施する前には今の状態を確認して、問題を確認し、それを解決していく。


背骨を専門家が矯正するときも、グループ体操する時もまず、検査からスタートです。


写真は私の左の肩の検査をしているところです。


私は元々、左腕がむくみやすく、時にはパンパンに膨れ上がって困ったことがあります。


さらに検査を進めていく過程で、背骨が全体的に右側に捻転しているとも教えてくれました。


そういえば、右側の体がコリやすいかなぁと思っていたところです。


実際に首を右側に振ってみると確かに左右差があり、捻れているんだなぁと体感しました。


それともう一つ、実は私は高校生の時にWPW症候群という一種の不整脈を患っていました。


それで高校2年生の時に手術を2回ほど実施。


しかしながら、実際には手術は成功せず、結局のところ、生まれつき持っているものと終わりました。



不整脈になると、脳に酸素が供給できず、失神するリスクがあったり、心臓にきちんと指令が行きずらくなり、心房細動などを起こすリスクもありました。


実は背骨は体の各臓器と繋がっているので、脳からのしっかりとした指令も送りずらくなるとも言われています。


という具合に体のアライメントの検査を行なっていき、いよいよ背骨の矯正に入ります。

矯正は全然痛くない



この写真は胸部の矯正です。


胸部の矯正というのはデリケートな部分なので、少しずつ少しずつじっくりと行いながら進めて行きました。


なんというか優しくマッサージを受けている見たいでした。


いや、下手したらマッサージよりもやさしいかもしれません。


実際、受けてみると分かりますが、ホントにこれで矯正?という感じがします。


背骨コンディショニング の指導者講座を受けた時に習った、「 矯正であって、強制でない 」まさしくマインドが生きた矯正でした。


指導者講座でも習いますが、背骨コンディショニングでは「 マインド 」が命と詠っています。


ツイッターのリンクは背骨の下部になる仙骨の矯正のワンシーンです。


ご覧の通り、マッサージを行うようにしてジワジワと矯正していく感じです。


ツイッターにもありますが、私は目が霞むことが多くて、どうやら首の骨がズレていたようです。


本当に視界がめっちゃ変わりました。笑


他にも体がスッキリとなり、呼吸のしやすさもだいぶ改善されました。


なんというか、ホントに体全身がスッキリと気持ちが良い感じで心地良かったです!


元々、私はパソコンの作業をやるため、背中が丸まりやすく、肩が内側へ入り込み、胸が閉じやすい姿勢になります。


背骨矯正を受けた時には、一本筋が通った感じで、とてもとても呼吸がしやすかったです!


皆さんにもぜひ体感してほしいと思います!


そうそう、資格によって矯正の範囲が限定されているそうです。


今回の矯正の先生は高橋先生です。


高橋先生は、背骨の矯正認定の最高ランクを取得されており、背骨コンディショニングの中で一番の「 スペシャリスト 」を持っています。


スペシャリストになると、首の骨、胸部、肩関節など繊細な部分の矯正もできるようです。


今私が目指しているのは、「パーソナル」という資格で、背骨のみの矯正です。


背骨コンディショニングではこのように資格によって分類されて、矯正できる範囲を定めています。

これからは自分で体を整えていく時代



これからは医療費の問題もあり、自分で自分の体を治していく時代だと思います。


自分で自分の体を治していく。


食生活へのアプローチ方法もありますが、やはり大事なのは体を動かすことだと思います。


健康食品市場が軒並み伸びていますが、フィットネス人口は約3%しかいません。


健康になりたくて健康食品をとるひとは多いが、体を動かすという機会はあまり取っていない傾向にあるようですね。


さて、現在日本では腰痛が5人に1人の時代でもあり、体の不調が多い人がたくさんいます。


背骨コンディショニングでは、背骨を整えて体のあらゆる不調を改善していくプログラムとなっています。


私も皆様へ、腰痛を含む、体の不調を改善していくプログラムを提供していきます。


まずは専門家のいるところへ行き、自分の体を一緒に検査していくことをオススメします


実は、背骨の状態を良くすると、体の機能を上げてくれる効果もあります。


例えば、内臓の状態腰痛肩こり足の痺れ、などなど。


「 自分で自分の体を治していく 」


そんなセルフケアを身につけて頂き、少しでも日常生活がスッキリと生活して頂けるようにしてほしいと切に願っています。

まとめ


背骨コンディショニングの矯正は非常にソフトに行なっていき、かつ効果もしっかりと体感して頂ける矯正となっています!



自分の知識ないで確認していくよりも知識を持った専門家に見てもらい、アドバイスをもらった方がより詳しく、そして的確なアドバイスをもらえると思います。


そこでも効果的な体操の仕方、正しいやり方、原因などなどしっかりと教えてくれます。


あなたも背骨コンディショニングの矯正を受けて、体をスッキリとしてみてはいかがでしょうか?


もし、矯正というのに足が運びずらい方は、当スタジオで背骨コンディショニングのスタジオプログラムを行なっています。


ぜひ、当スタジオへ足を運んで頂き、体の不調を改善していくプログラムを体験することをオススメします。


気になる事、疑問に思うことなどあればぜひお問い合わせください。

-腰痛系コンテンツ
-, ,

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO