トレーニング系コンテンツ

ストレッチをやることで得られる効果とは?


背骨コンディショニングインストラクターの三村です。



今回は、「 ストレッチの効果 」について、解説していこうと思います。


皆さんは、ストレッチを日々行っていますか?



ストレッチは、普段の生活で取り入れると良い習慣です。


風呂上がりのストレッチを行うことで、その日の疲れを癒し、翌日の疲れを少なくする効果があります。


 ストレッチの効果 」と「 効果的のあるタイミング 」についてみていきましょう。


記事を読んで頂き、ストレッチを生活に取り入れて、翌日に疲れを残さない生活をして頂けると嬉しいです!


このコンテンツの対象者はこんな方です!

・翌日に疲れを残さずに快適に生活していきたい方

・ストレッチの効果を知りたい方

・ストレッチをやる目的を学びたい方

ストレッチはどんな種類がある?




ストレッチについて大きく3種類のストレッチ法があります。

① スタティックストレッチ


一般的に言われている静かに行うストレッチのことを指しています。


よく筋肉を動かした後にやるべきストレッチとして位置付けられています。


今回はこのスタティックストレッチについて記事を進めていきますね!


後ほど解説していきます。

② バリスティックストレッチ


反動や弾みをつけて行うストレッチです。



例えばスポーツ選手が試合前のウォーミングアップで使っているストレッチ方法です。



体をしっかりと動かし、筋肉を温めて関節の可動域を上げ、パフォーマンスを上げるストレッチ法です。




しかし、ストレッチ初心者にはあまり適さないストレッチ法です。


なぜならば、急に筋肉を伸ばして、筋肉や腱に対する負荷が大きく、怪我をしやすい動のため、慣れていないと逆効果になります。

③ ダイナミックストレッチ


目的とする筋肉とは反対側の筋肉( 拮抗筋 )を意識して動かして行うストレッチ法です。


つまり、意識を集中させて、狙う筋肉とは反対側の筋肉を動かして筋肉を伸ばしていくストレッチ法になります。



例えば、太ももの裏側を伸ばすのであれば、反対側の太ももの前面をしっかりと意識して動かしていく必要があります。


そうすることで、しっかりと狙っている筋肉や腱を伸ばせます。



動きの中で筋肉の柔軟性の向上や筋肉の協調性が高まり、スポーツパフォーマンスを高めてくれるストレッチ方法となります。


正しい動きと適度な動きでストレッチを行わないと、筋肉への負担が大きく、痛めてしまう危険があります。


行う場合は専門家に聞いて行なっていき、より意識しやすい環境作りが大切です!

スタティックストレッチの効果とは一体どんな効果?



皆さんがよく知っているストレッチとは、関節を伸ばしたり筋肉を柔らかくする目的で行なっていますよね?


最もなじみのあるストレッチ方法だと思います。


先ほどお伝えしたストレッチ法は大きく3種類ですが、このスタティックストレッチです。



このスタティックストレッチの効果は、「 関節の柔軟性 」「 血流促進 」、「 筋肉の機能改善 」という効果があります。



その他、関節可動域の改善筋温の調整筋肉の緊張をほぐすことができます。


ここで大切なのが、血流促進です。



ストレッチを行うと、一酸化窒素が血管に分泌され、血管が広がってきます




血管が広がると、血流がの流れが良くなり、脂質や糖質の流れが改善し、ドロドロ血液が改善されやすくなり、血圧が高くなるのを防ぐ効果も期待できます。


また、血流が促進されることで、抹消血管が拡張し、冷え性の改善も期待できます。


抹消血管が拡張することで、「 疲労改善の効果 」も高まります。


さらに抹消血管が広がると、自律神経が優位に働くので体にとって様々なメリットを得ることができますよ!



⇨  自律神経を
整える為に必要な知識はこちらにまとめています 



血流が促進されることで筋温も上昇し、体温が上昇していきます。


そうすると、代謝が促進され痩せやすい体質になることも期待できます!



例えば血流が促進されることで体温が1℃上昇したとしますよね?



1℃体温が上がると、なんと代謝エネルギーが約13%向上すると言われています。



このようにストレッチを行うと、あなたはこちらの2つの効果を得ることができます。



・ 血流促進で血液の流れが良くなる

・ 血管が拡張し、自律神経が優位に働く





この2つがストレッチを得る効果で、やらない手はないですね!


私も風呂上がりにはストレッチとセルフケア体操をやっていますよ!

ストレッチを行うのに効果的なタイミングはいつ?



静的ストレッチを行ううえでオススメなタイミングあります!



一番良いタイミングは風呂上りがベストです。




筋肉の最高のパフォーマンスを得る最適な筋温は、「 38℃ 」と言われています。


血管も広がっている状態ですので、自律神経も優位に働き、神経も緩まりストレッチの効果を上げ、良く筋肉が伸びて気持ちが良いですよ!



血流が促進し、ストレッチの効果を倍増させる絶好的なタイミングです。



このことを踏まえると、風呂上りの時にストレッチを行うのが最も効果的と言えます。




しかし、ここで注意しておく必要があります。




効果を倍増させるタイミングを良く把握しておくことです。



風呂上り30分後くらいまでにはストレッチを行うこと。




なぜならば、湯冷めしてしまい、せっかくの効果を軽減させてしまうからです。


また、ストレッチ一種目当たり30秒程度を目安に行うのがオススメです。


ストレッチする時は、あまり無理して伸ばしすぎないように注意し、息を止めずにゆったりとした気持ちで筋肉を伸ばしましょう。



風呂上りのストレッチを習慣にして日々の疲労を無くしていきましょう!

まとめ


ストレッチの効果を得るときにに重要なのは、タイミング環境作りです。



タイミングとは風呂上りの筋肉が温かい状態の時で、筋肉の柔軟性が高まっていて血管が拡張している時です。


そして環境作りとは気持ちがゆったりとしたときにできる状態で環境を作ることです。



環境が騒がしいと、精神的ストレスが生じ、神経が硬く緩みにくくなるので、返ってストレッチをやるのが逆効果となる場合があります。



気持ちが緩まる時にやるストレッチが最も効果的で、健康を得るうえでも十分な効果を得れるでしょう。


生活環境を行うのに最適な状態でストレッチを行なっていきましょう。


私が行なっているスタジオプログラムでは「 神経ストレッチ 」というストレッチを行い、神経自体を緩めていくストレッチも行なっています。


興味がある方はお問い合わせフォームよりご連絡頂き、スタジオプログラムに参加して見てください。

-トレーニング系コンテンツ
-, ,

”体の不調に悩むあなたに”…背骨コンディショニングの体操動画をプレゼント!!



あなたにとって大切な体を守るためのセルフケア体操動画をプレゼント致します!

LINE@登録をして頂き、動画をお受け取りください!

友だち追加

 



© 2020 SHINYOKOHAMA FITNESS STUDIO